2017年02月27日

SMは大人の娯楽だ!

IMG_0995.JPG


どんなものでも、手に入れるためには対価が必要だ。

対価というと金銭を連想するかもしれないが、欲しいものに見合えばなんでもいい。

魅力、気持ち、手間、労働、勿論金品でも。

技術や対応、素質などの形に見えないものに対しては、特に価値を軽視する傾向があるように思う。

技術は習得するまでにかかる時間、手間、根気、場合によっては講習などによる代金も発生するし、

態度や対応には、そもそも望まない場合の心的負担に対しては、十二分に対価を必要とするだろう。

素質に至っては、その希少価値に対して。

さて親愛なる変態紳士淑女諸君。

どこか他人事だと思ってはいないか?

SMは大人の娯楽だ。
ある程度余裕がなければ楽しめない。

何故ならそれは、ある程度の技術が必要であったり、素質や望む対応を求めるものである以上、それなりに対価が必要だからだ。

ただし、間違えてはいけない。

欲しいものに見合うかどうかを判断するのは、欲しがっている貴方ではなく、所有している側だ。

たとえ万人が的当だとしたとしても、所有している本人が違うと言えば、それは妥当ではない。

望まないものを押しつけることになっては本末転倒だ。

当然、ただ欲しいとねだり、雛のように口を開けて鳴いているだけでは、なにも得られない。

求め行動する者だけが、得るための権利が与えられるのだから。

そうして得た蜜がどれほど甘美か。

しかしここで忠告しておく。
一度知った蜜の味は忘れられない。
逃れられない。

だから私はこの世界から離れられないのだから。


めい




posted by マスター at 22:08| めい